離婚で学んだこと

転んでもタダでは起きません!

子供が「父親に会いたくない!」と14年間面会せずに過ごした末路

面会交流

面会交流において、子供が「もぅ、父親に会いたくない」と言い出したとき、実際どうすればいいのか明確な答えがなく、戸惑い不安になりますよね。

私も子供にそう告げられたとき、何が正解かわからず、戸惑いながらも試行錯誤し乗り越えてきました。

今は子供も家庭を持ち幸せに暮らしていますが、振り返れば親子ともども精神的になかなか大変でした。

そこで、本記事ではシングルマザーの私の実体験を通じ、子供が面会拒絶から社会人になり再会を果たしたことで訪れた『面会の末路』についてお伝えしたいと思います。

「面会の拒否に関して大事だと感じたこと」を結論から言いますと、『子供の心理を一番に尊重し、それがホンネなのかを見極め行動することがBEST』と言うことです。

何らかの理由で面会を嫌がっている場合、無理に会わせることは子供のためになりません。

私たち大人も『会いたくない人や苦手な人』に会わなければならないとき、心に負担を感じますよね。


それを実の父親に感じるのですから、『相当根深い問題』が心にできていると言うことは想像がつきます。

問題解決の答えを導き出すには、全力で子供の立場に立ち考えるのみです。

離婚理由や子供の年齢により判断もかわるでしょうし、悩みながらそれぞれの末路に向かうとことになりますが、私も試行錯誤しながらだったので、今考えれば「この判断は間違いだったかな…。」と思うこともあります。

後悔部分も含めた体験談を読むことで、反面教師にしていただき、お子様が心穏やかに成長できるきっかけになればと思います。

子供が「父親に会いたくない!」と14年間面会せずに過ごした末路

父親に会いたくない

子供から突然、「父親に会いたくない!」と言われたら、シンプルにビックリしますよね。

私の場合、難題がいきなり目の前に現れたことで、今までの自分の経験値を寄せ集め、未来を見据えて最善策を考えてみますが、こればっかりは未来が見えず、結局はまさに手探り状態の連続でした。

離婚したのは子供が幼稚園のときで、面会交流は月一回と決めていました。

始めの頃は機嫌よく会いに行っていたのですが、小学2年生のころに突然、「もぅ、お父さんに会いたくない。」と言われました。

それ以降、14年間会わないまま過ごすことに…。

しかしその間、子供も元夫も「会いたい。」と言う時期が各々にあったのですが、互いに気持ちのタイミングが合わずスレ違い、14年経ってしまったと言う感じです。

では、まず離婚した理由、その時の子供の状況、そして子供が会いたくない理由を順番にお話していきます。

離婚理由、その時の子供の状況

離婚理由、その時の子供の状況

離婚理由はよくありがちな、元夫の浮気と借金です。

もうこの段階で、責任ある大人の行動ではないので、子供が会いたくなくなる要素があらわれています。

元夫は自分の浮気を自ら周りにカミングアウトし、その手ですべてを壊すかのように、たくさんの人を巻き込みグチャグチャに…。

当の本人は行き場のない気持ちに、どんどん我を見失っていきました。

私は元夫に目を覚ましてもらいたくて説得を試みましたが、話せば話すほど元夫は家庭や仕事という枠の中から、外に出ようとする気持ちの方が大きくなっていき、結局は「自分だけで第二の人生を歩みたい。」と言いました。

当時、娘は6歳でしたが、ある程度は物事を理解できたので、酔って荒れて帰宅したり、まったく相手をしてくれない父親に言い知れぬ不安を感じていました。

そして私はこれ以上、側にいても、「そこに解決策はない」と思い離婚を決意。

離婚直後、娘は父親に対し怒っていて、幼いながらも甘えたい気持ちを隠し、強がっていることがわかりました。

「この子を守れるのは自分だけだ!」と強く思ったことを覚えています。

「父親に会いたくない」理由

父親に会いたくない理由

面会交流は月一回で、娘と父親二人で行われていました。

しかしその度に元夫は私に連絡をしてきて、「どこに行って何をすればいいのかわからない。お前も来てくれ。」と言い、私は自分で考えるよう促しましたが、情けない気持ちでいっぱいになりました。

そして娘が小学2年生になった頃、突然「もぅ、お父さんに会いたくない!」と言ったのです。

いきなりだったので驚きましたが、落ち着いて理由を聞いてみると、「会っていても、おばあちゃんの所に連れて行かれて放置されたり、飲み屋に連れて行かれて女の人がいたり、お父さんの家に行ってもつまらないからもう会いたくない。」という理由でした。

私はそれが本心なのかどうかを考えました。

子供は幼くても大人に気を使うことってありますよね?

ですのでこう考えました。

お母さんは毎日育ててくれているのに、お父さんは独身のように自由に生きている姿を見て、私に気を使っているのではないか…と。

そして子供に「お父さんと会わなくて本当にいいの?寂しくない?」のと確認してみました。

すると子供は、「行きたくない。楽しくない。」と沈んだ瞳で言ったので、「今は純粋に会いたくないのだろう。」と判断しました。

そして、「会いたくなったらいつでも言ってね。お父さんに直ぐ話すからね。」と言って、娘と話し合った内容を元夫に伝えて、私は、「娘が自然にお父さんに会いたいと思う気持ちになるまで待とう。」と伝えました。

すると元夫は「あっそっ、分かった。」とあっさり納得し面会は中断となりました。

これが面会が拒否の経緯になります。

次は、その後の『子供の成長報告の方法』についてお話していきます。

面会拒否後の成長報告はメールで

報告はメール

それから私は元夫に定期的に、メールで娘の成長を細かく伝えました。

元夫は途中で何度か「娘に会いたい!会わせてくれ!」と言ってきたので、娘にそのことを伝えて確認しましたが、娘は「どうしても会いたくない。」と言い、会おうとしませんでした。

しかし、そんなときは必ず娘に、「会わないことで後悔しないか?」と言うことを確認していました。

娘はかたくなに面会を拒否しましたが、中学生の多感な時期にあたっては、父親が登場し心をかき乱されても怖いなと思っていたので、娘が会いたくないと言ってくれることに、私は正直少し胸をなでおろしていました。

と言うのも、この頃、学校で様々な問題にぶち当たっていて、心が不安定になっていたので、ここで嫌がっている父親の話題に触れること自体、娘の心には余計な情報になることが予想され、父親の会いたいという思いを話すことも気を使いました。

しかし、黙っていること自体が信頼を無くす行為なので、きちんと伝えました。

もし伝えていなければ将来娘が父親に会った時、父親に、「あの時会いたいと言っていたけど、お母さんから聞いていたか?」という話になったとき、私がきちんと娘に伝えていないと、その地点で娘も心の中で「会いたい」と思っていたとすれば、私の勝手な判断で親子の再会の機会を奪っていたことになり、娘はショックを受けるでしょうし、黙っていた親にの行動により『人間不信』にもなりかねません。

そして私は娘に対し、「大人になったら、きっと自然に父親に会いたいと思うときがくるよ。」と話しました。

元夫は会うことを断られて、悲しかったと思いますが、しつこくは言ってきませんでした。自分のしたことを考えると何も言えなかったのだと思います。

そして私は「会えなくても父親としてできることは何だってある…。」と考えました。

誕生日やクリスマス、こどもの日などにプレゼントを贈るとか、手紙を書いて送るとか。そうすれば子供も実際に「お父さんに会いたい!」と思うかもしれません。

しかし元夫はそんな行動もなく、まったく気持ちが伝わってきませんでしたので、私が「何か贈ってあげたり、できることはあるでしょう…。」そうアドバイスすると数回だけプレゼントを送ってきました。

元夫は養育費の支払いも全うできませんでしたし、慰謝料に関しては支払えていません。

私は、「こんないい加減な人だから、あんな(浮気・借金)問題を起こしたのだろう。」と思いました。

そして「そんな人間を見抜けなかった自分も悪いんだな。」と色々と考えさせられる時期でもありました。

自分の父親に対しては拒否反応を示した娘も、父親への憧れのような物は胸に残ったままになっていたのか、年上の男性を好むようになっていきました。

父親への憧れが年上好みに現れる

年上好み

子育てをしながら一点気になっていることがありました。

父親に会わなくなってから、娘は同世代の男性よりも、年上の男性に自然に興味を持つようになっていて、芸能人ももっぱら父親世代の男性に憧れ、学校では友達よりも先生と仲良くなるようになっていました。

そして大人になってからは、歳の差のある人と付き合うようになっていたので、同世代の一緒に成長していく恋愛ではなく、喧嘩にすらならないほど年の離れた世代の人と付き合うことで、父親のような安心感を求めているのだろうと感じました。

それにより、父親を求めていることは明確だと伝わりました。実際高校生になったとき、こう言っていました。

「友達がお父さんと仲が良いという話を聞いて憧れる。」

「幼いころお父さんと楽しそうにしている子を見ると羨ましかった。」

そんな思いをさせてしまい、本当に申し訳ない気持ちと、どんなに頑張っても自分は父親にはなれないことに不甲斐なさを感じました。

10年後に子供から再会を望むも実現ならず

再会を望むも実現ならず

娘が高校3年生のときに、突然「お父さんに会いたい。」と言い出しました。

このとき、私は正直戸惑い、「あんないい加減な父親に会わせて大丈夫だろうか?」と不安になりました。

しかし、ここは「自分の子供の心の強さ」を信じるしかありません。

私は「❛自然に会いたいと思うとき❜…そのときが来たのだ!」と思い、元夫に連絡を取ってみました。

しかし何度連絡をとっても応答がなく、何度メールをしても無視状態で、以前は自分から会いたいと言ってきていたのに、返事さえしてこないことを私は不信に思いました。

そして「メール届いてないの?」と送ると、「届いてる」と一言だけ返信があり、その後は無反応に。

そのことを正直に娘に伝えて、私が連絡をしても反応がないので、娘に「直接連絡を取ってみて。」と思い切って父親の連絡先を渡しましたが、娘は父親に連絡を取りませんでした。自分も無視されることを恐れたのかもしれません。

このとき、元夫が無視していた理由が、後に娘が父親と再会した時にわかったのですが、私の長々としたメールが怖くて読んでもいなかったと言ったそうです。

しかし、よくよく娘から聞く父親の話を紐解いてみると、その頃、仕事が上手く行っていない時期でしたので、金も合わせる顔も無かったと言うのが本当のところでしょう。

自分のことだけ考えるのではなく、人の立場に立ち物事を考えられる人であれば、こんなことにはなっていなかったでしょうから、心の成長の無さに「相変わらずだな」と思いました。

更に4年後、再び再会を望む

再び再会を望む

娘が22歳になり、再び、「お母さん…私お父さんに会ってもいいかな?」と言われました。

高校生の時に「父親に会いたい」と言われたときとは明らかに違う感情がわきました。

瞬時に「会ってほしくない!」と思い、悲しみと悔しさが込み上げてきました。

その理由は、「養育費もまともに入れず、“父親として娘にできること”の一つも自らの手で探すことさえできない父親が、子育ての苦労の1ミリも知ることもないまま、どんな話でも理解できる大人に成長した娘と、いとも簡単に苦労なく楽しく過ごしていくのか」と考えると、身体の芯から色々な物が沸騰する感覚におちいり、心から喜ぶことはできなかったからです。

「娘が大人になれば父親に自分から会いたくなる時がくる。」…そのことは想像できましたが、実際にそう言われたとき、自分に一番に悲しみと悔しさが襲いかかってくることは想像できませんでした。

しかし、それは私の勝手な個人的な気持ちなので、グッと押さえ込み「会えばいいよ。血の繋がった、たった一人のお父さんなんだから。」と娘に伝えました。

悲しい気持ちを封印すると同時に、私には確信していることがありました。

それは「父親に会えば必ず真実がわかる。」と言うことです。娘もそれを自分で確かめたいと言いました。

娘にとって離婚した親の言い分は母親側からしか聞いていないので、父親にも聞いてみないと分からないモヤモヤが募っていったようです。

真実を知ることで、娘の心の中にあるモヤモヤしたものも、きっと晴れるだろうと思ったので、再会に関しては、こちらからはとやかく言わず見守ることにしました。

14年ぶりの親子の再会、その末路

14年ぶりの再会

そして娘は14年ぶりに父親と再会しました。両者、涙の再会だったようです。

しかし、その後、父親に会う回数を重ねるたびに、娘は父親の大人げなさや、愚かさを目の当たりにすることになりました。

会っていない間の父親の行動を聞き、父親がどういう人間かということを娘は自分で確認できたことで、心の中の引っかかりが剥がれ落ち、本当の意味で前に進めるようになったようです。

私の想像していた場所に落ち着いてくれて、「お父さんに会ってもいいかな?」と聞かれたあのときの、悲しくも悔しい気持ちはどこかに飛んでいきました。

自分の父親が理想からかけ離れた人物であり、あの頃と変わらずに何も成長しておらずショックだと思います。

しかし、元夫は努力すれば、今からでも娘のために恥ずかしくない父親に変わることはできます。

そうすることで、子供に愛を届けてあげて欲しいと願っています。

元夫も「これから頑張る。」と言ったそうなので、それを信じて娘も父親を見守ることでしょう。

面会拒絶において悩んだ点について

悩んだ点

面会交流において、子供が「父親に会いたくない」と言い出したときに『悩んだ点とその答え』についてまとめます。

左:悩んだ点
右:私の答え

  • 会いたくないのは本心なのか ➡ 落ち着いてしっかり話をきいた。

  • 会わせるべきか、会わせないべきか ➡ 上記を元に判断し両親で話し合った。

  • 父親の“会いたい”と思っている気持ち ➡ 子供に伝えつつ、そのつど判断した。

  • いつか父親に連れ去られるんじゃないか ➡ 小学生の頃、多少不安になったが、不審者が多発していたので、子供に常に気を付けるよう諭していた。

  • 会っていないと周りに非難されそう ➡ 元夫の家族に非難されるかもしれないが、子供が会いたくないと思うような人格だったので、周りもそれをわかっていた。

  • 会わないと子供の心にどんな影響があるのか ➡ 父親がいないこと自体は寂しい思いをさせたが、あの父親なら会うと悪影響だったから会わなくて良かった。


後悔や反省点

後悔や反省点

後悔していることは、初めの面会交流時、元夫が「何処に行けばいいかわからない。お前も出てきてくれ。」と電話をしてきたとき、私はかたくなに行きませんでした。

もしもあのとき私が一緒に行っていれば、娘は楽しく過ごせて父親に悪い印象を持つこともなく、元夫も子供と楽しく過ごせることで、その後、仕事も頑張れたのではないだろうかと言う点です。

私は元夫に拒絶反応が起きていて、会うと動悸が起き気分が悪くなっていたので、身体的に我慢して会うことができませんでした。

しかし、子供第一に考えるなら行くべきだったのかなと後悔しています。

反省点は「母親が父親を拒絶している」と言う事実は、子供にとって辛く心の傷になっていたことは間違いないので、どうにもできなかった心の狭い自分に反省すると同時に後悔がわいています。

話し合うときの注意点

話し合うときの注意点

面会するしないについて話し合うときの注意点は、『子供の気持ちを最優先に考える』ことです。

そして、子供が「父親に会いたくない」と言う思いが“ホンネ”であるのかを、しっかり見極めて両親で話し合うことが大切です。

しかし、実際に話し合いになると、両親ともに意見が食い違うことも多く感情的になりがちです。

最悪は「裁判だ!」なんてことにもなりかねません。

そんなことになれば、また子供は傷つくことになりますので、『子供の気持ちを最優先に考える』ことに意識を置き、答えを一つの方向に向ける話し合いを心掛けてみてください。

あとがき

あとがき

私の離婚を身近で見てきた人は、14年ぶりに子供が父親に会うと知ったとき、私よりも悔しがっていました。

それは完全にこちら側の見解であり、共感以上に共感している様子に私の心は救われました。

私の心に合わせてくれながら、いろいろ分ってくれているんだなと…。

しかし、子供の立場に立てば、父親に会いたいのは当たり前の気持ちです。それがどんな父親であろうと、血の繋がった親なのですから。

会って傷つくことも、ガッカリすることもあるかもしれません。そんな姿も「大人の心の弱い部分」であることを、子供が大人になればある程度理解することもできます。

うちの場合、子供の意見を最大に尊重しつつ、「会わないことで後悔しないか?」という未来への想像を問いかけながら、無理強いをせず過ごしてきたことで、大人になり子供が本当に会いたい気持ちに自分で納得した上で、父親と再会できたので良かったと思っています。

冒頭でも述べたように、会わせる会わせないの答えも、その先の答えも今すぐそこにはありません。

ですが、別れていても両親がしっかり子供の心理を一番に考えて行動していれば、いつしか子供がその愛に気付くときがきて、その先の答えは子供にとって明るい物になると思います。

全てのシングルマザーとその子供たちが、悩み事なく心穏やかに暮らせることを心から願っています。